読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルタ製菓株式会社 ボツ案 

オンエア中のTVCMについてダラダラと書くにゃ

仕事って、面白いですか?






金曜日の夕方に申し訳ないんだけど、その仕事、面白いですか?



聞いている僕のほうは、まあ面白かったり面白くなかったりがあるので
即答できないあたりが申し訳ないんだけど、50点くらいです。

50点っていうのは高得点なのか、欠点なのか、さっぱりわからないけど、
問題なのは50点くらいだと判断できない、そのあたりが難しいんだと思うんです。

あー今日のオレってイケてないなーっていうテンションの時は50点だと完全に落第なんでダウナーになるし、
できれば誰とも会いたくないんで、とはいえ1人ではさみしんぼなんで
知らない人ばっかりがいる居酒屋でビールと出し巻きを頼むことになるし、
だけどお隣でカップルが楽しそうにイチャイチャしてたりすると死にたいなーとか、
何やってんだオレっていうか、早く家に帰ろうってなります。

それがね、うまくそういう日ばかりがず~っと続くことが今後は確定されているなら、
僕ぁさっさと退職するんだと思うんだけど、まあほんとに、社畜システムのよくできていること、よくできていること。

たまーにお得意さまに異常なほどほめられて浮かれちゃう日があったり、
後輩の女子から先輩の土下座って素敵ですねって言われたり言われなかったり、
部長もピアス似合うんじゃないですかって言われなかったり言われなかったり、
おおオレの50点って意外と高得点なほうの50点じゃね?っていうかこの問題って50点満点じゃね?
みたいな勘違いが起こっちゃうんだから、社畜って恐ろしい。



僕のまだ生きているお母さんの遺言で
「サラリーマンは、休まず、遅れず、働かず」
っていうのがあって、まあ本当にその通りなんだと実感するばかり。

休まず、遅れず、ずっと会社の椅子に座っているのがベストで、
ちゃんと働いちゃうと、思わぬトラブルに巻き込まれたり、疲れちゃったり、燃え尽きちゃったりするから、
そんなバカなことはせず、同僚が次々と沈没していく様子を、さも難しいことを考えているような表情で見守っていくのが
出世するための最短、最強ルートだっていうんだけど、
まあ会社というのは本当によくできていて、ついつい優しいあのお客さんのためにとか、かわいいあの子のためとか
頑張っちゃうからみんな、散っていくんです。

だけど、そういうことに気づいちゃったからって、みんなの目を覚まさせようとしたってムダだったりする。
王様は裸だよ、何も服を着ていないよって叫んで回ったって、みんな眠たそうな目をこすりながら、
こっちを向いて、何をいまさら言っているんだよ、そんなの知ってるよ、
知っているけど、知らないふりをしていれば、定年まで持ちこたえる可能性があるだろうが、
それを今さら明らかにしちゃったら、オレらの40年はどうなるんだよコノヤロ、
お前はいいから黙っとけって、みんなでよってたかって巧妙に隠そうとする、巧妙に、本当に巧妙に。



でもね、ひそかに、僕は決めています。

僕は、一生働こうと、決めています。

それは社畜としてなのか、ノマドとしてなのか、主夫としてなのか、ボランティアなのか、ピアス部長なのか、そんなことはわかりません。
だけど、僕はたぶん死ぬまで何かの仕事をするだろうな、という予感があるし、実はそれを望んでいるんだと思います。
あのね、死ぬまでずっと何かに夢中になっていたいと思います。
もはやそれがお客様への土下座トゥゲザーでも義母に叱られながらの雑巾がけでも、正直なんでもよろしい。
もうね、生きることは、働くことなんだと決めこんでおります。

ごめんね、そこに理由なんかない、あるとしたら、僕はまだ生きているから。ただそれだけです。
格好悪くても、部長がピアスしていても、土下座トゥゲ~ザ~でも、這いつくばってでも、生きていきたい。
生きて、生きて、生き恥をさらしながら、この世に与えられた自分の命の味を、味わい尽くしたい。
たぶんその欲望を満たすためには、自分だけで完結するような喜びだけじゃ足りないんです。
あなたとあなたの恋人と、そのまた恋人とそのまた恋人や、その奥さんやその恋人や、その恋人にも
ああ、あの人が働いてくれてて助かったなとか面白かったなとかあの土下座トゥゲザーしたかったなとか
そう思われながら死んでいきたい、もうそれが僕のセントラルドグマなのです。



言っときますけど、イケダハヤトさんに影響されたわけじゃないですよ、
撮影前の控室でも時間を惜しんで必死に仕事してたイケダハヤトさんにカブレてるわけじゃないですよ、
そんなはずはない、そんなはずは、ないんですからねっ///