読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルタ製菓株式会社 ボツ案 

オンエア中のTVCMについてダラダラと書くにゃ

ちょっと、言わせてもらうわ。










ちょっとあんた!


あんたや、あんた。



何やの、さっきのプレゼンテーション。

もうほんま見てられへんわ。


ようあんなプレゼンテーションしておいて平気やね。


あんた、どうせあれやろ、モテへんのちゃうの?


なんやの、怒ったの?最低やな。

言い返されへんからって
こんなかよわい女の子に大きな声出すのはあかんで。

え?どこに女の子がいるって?
あんたほんま最低やな。

人間、秘するが仏、知らぬが花ゆうてね、
なんでもかんでも口に出したら、ええとゆうわけやないのよ。

なによ、逆やないのって?
もう、あんたのそういうところがあかんのや。

しゃあないな、今日は、あんたのために、あたしが一肌脱いだる。

ほんまのプレゼンテーションのやり方を教えたるわ。



まず第1に、や。


そもそもプレゼンゆうのはやねえ・・・








・・・ちょっとあんた!



それや!それがあかんねん!

今、どうせこんなオバチャンの話なんか聞くだけ無駄やとおもたやろ?

いや、絶対思ったわ。
それがあかんのよ根本的に。

プレゼンテーションで1番大切なのは、相手の話を聞くことやねんよ。

みんな間違うんやけどねえ、誰もがあんたの話を聞きたいと思ってたらあかん。

もう眠たいなーはよ帰って寝てしまいたいわと思ってる人もいるやろし
おなかすいたわー生クリームチョコ食べたいわーと思ってるええ人もいるやろ。

もし自分の話を聞いてほしいと思うんやったら
まず、相手の話を聞いてあげなさいよ。

何よ?
黙ってたら、さっさと話せと促される?

誰から話すとか順番はどうでもええやないの。
自分からしゃべってあげなさいよ。

ほんで、相手に質問してあげなさい。

今日は特にどんな話が知りたいのとか
普段はどんなことで困ってるのとか、
セコイヤチョコレートでは何味が好きなのとか、ちゃんと聞いてあげなさい。

人間の耳にはねえ、フタがついてるのよ。
そのフタは自分が興味のない話の時には
ずっと耳の穴にピタっとくっついて閉じてるのよ。
外からどれだけ言葉が押し寄せてきてもビクともしません。

せやけど、自分自身が何かを話そうとすると
こう、パカッとやねえ、そのついでになぜかフタが開くんです。

そのフタがちゃんと開いたのをちゃんと確認してから
やっとあんたがしたい話をはじめなさいよ、わかった?


わかったら、次は、5つめのポイントや。

え?なんや?えらい不満そうやな。

ええんか?何か言いたいことあるんやったら言いや。

あ、そう、ほなええねんけど。



5つめのポイントは、自分の言葉で話すことや。



あのねえ、そもそもプレゼンテーションに答えなんかないのよ。
誰もが何が正解かわからない。
そんな時に頼りになるのは、いつもの自分の考えや。

普段、自分が考えやすいように考えてる、そのやり方を
ちゃんと見てもらいなさい。

それが受けへんかったら、それまでや。
無理して人さまの考えに自分を押し込んで
万が一、そのプレゼンテーションが受け入れられたとしても
まあ後で絶対苦労するわ。

あんたら御社とか貴社とか弊社とか電車ごっごみたいな言葉使うやろ。
それが使い慣れてるんやったらつこたらええけど
言い慣れてないのに使っても噛むだけやで。噛むだけ。

言葉ゆうのは自分の考えを伝えるのに一番便利な手段や。
せやからこそ、もっと大事にしたほうがええよ。

人の考えた言葉や変なカタカナ言葉ばっかり意識しなさんな。
自分が一番使いやすい表現を使いなさいよ。
なまっててもええやないの。しゃべるの遅くてもええやないの。
それがその人の魅力にもなるんやで。

あんた、ときどき赤ちゃん言葉になるやろ、あたし、それかわいいと思うもん。ぐふふふふ。

今、あたしのしぐさに惚れたやろ?
え?誰がミニオッパイや。しばいたろか。





それからな、当たり前の話やけど、相手のことをちゃんと勉強しとかなあかんで。

フルタ製菓はもともと乳ボーロを売ってたけど
なかなか売れへんかったからチョコレート製造に切り替えたら大当たりしたとか
はじめての売上はなんぼやったとか、三畳の部屋で仕事してたとか、そういう生い立ちな。

実際にプレゼンテーションで役に立つかどうかはわからんけど
話をする時に自分が安心できるやろ。

ん?そんな時間ない?

あんたそのスマホ、まさかゲームするためだけに持ってるんとちゃうやろ。
行きの電車の中でだけでもちゃんと調べておきなさいよ。

せやけどやっぱり、本当に調べようと思ったら、アルバムとか社史とかそういうのが必要やな。

余裕がある時は、そういうの借りに行っといで。

想像してみてよ、あんた、わざわざ自分ちの歴史のこと知りたいゆうて
やってきた人に好感持たへんわけないやないの。

何?あたしの昔のアルバムも見たい?あかんで、恥ずかしいから。
あたし、過去を振り返るのは好きじゃないのよ。
今のあたしを見てほしいの。

せやけど、ちょっとドキドキしてもたわ。


ぐふふふふふふふ。


まあとにかく、備えあれば、憂いなしや。






ほな、最後のポイントや!


ええか、あんた。あんたはもっと自信持ちなさい。

こう、背筋ピンと伸ばして、あご引いて。

相手の目を見なさい。


どれだけ怖い顔したエラいさんでも、まっすぐに目を見られたらドキッとするもんや。
上からとか下からとかやなく、まっすぐに見なさい。
それで恋におちるかもしれへんで。いやん。

世の中、エラいとかエラないとか、そんなもんはほんまはないんよ。
上司とか部下とかそういうのは単なるごっこ遊び。
あたしから見たらみんな大人になってもおままごとしてるだけやわ。

せやからあんたがプレゼンテーションする時は、あんたが主役。

普段がどうとか関係ないの。

ほら胸を張って、堂々と歩いていきなさいよ。

ほな、がんばりいや。

応援してるで。




あ、ちょっと待って、ちょっと待って。



今の話、全部人から聞いたことやから、ボツにしといてね。

ぐふふふふふふふ。


ほな、またね。