読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルタ製菓株式会社 ボツ案 

オンエア中のTVCMについてダラダラと書くにゃ

company





このたびは私たちのボツ案のために

貴重な時間をいただき

本当にありがとうございます。



本日のテーマは、企画をする時に

よく議論になる「二匹目のドジョウ」

の問題であります。

あるいは「目黒のサンマ」問題とも言えましょう。

なんなら「西麻布のミツマタヤリウオ」問題でもかまいません。






すなわち、






f:id:furutaseika:20120919154005j:plain





という、せめぎあいであります。






もともとアイデアというものは

既存物の組み合わせでしかないと

古典的には言われています。



しかしその組み合わせも

無限に近く存在するゆえに

どれだけ方法論を検証して

精緻化・システム化したとしても

良いアイデアが生まれる確率の

偶然性への依存は避けられないかと

存じます。




その結果、テレビコマーシャルの企画を

毎年、毎年、行っても

今年こそは何も良い案が出てこないかもしれない、

という形容しがたい不安から

逃れることはできないのであります。




ゆえに、このような「ひらめき依存型」の

企画方法を蛮行とみなし

「ボツ案の増大がもたらすモチベーションの低下という

負のスパイラルによる被害を最小化するために、

過去にある程度は評価されたアイデアを

ベースに拡張していくべきではないか」

という一派が存在することは否めません。




さて、本日公開するボツ案は

このような考え方を基本として

生まれたものであります。





タイトルは「company」です。





f:id:furutaseika:20120919105035j:plain







たしかに、昨年放送したテレビコマーシャルは

フルタ製菓の社歌を使用したことで

たくさんの、ありがたい反響をいただきました。



そういう意味において

この企画は、大スベリするリスクも低く

実にさわやかなテレビコマーシャルに

なるであろうことは予想されました。




しかし、


「セコイヤチョコレートは今年は36周年だ」

「セコイヤはこんなに大きくない」

「どちらかというとポケットサイズだ」

という重大な欠陥が見つかったため

断腸の思いでボツにした次第であります。





最後に、ご参考までに

ミツマタヤリウオの想像図を

掲載させていただきます。







f:id:furutaseika:20120919163556j:plain








皆様の幸せを心から祈っております。 

フルタ製菓株式会社 一同